近年の薬物療法の開発は、関節リウマチと診断されてから手術までの期間を以前と比べ明らかに延ばしていることが最近の疫学調査からも明らかにされています。しかし、まだまだ関節障害のため手術が必要な患者さんも大勢いらっしゃいます。薬の開発は著しいものがありますが、手術療法も近年目覚しく進歩しています。以前は10年位と言われた人工関節の寿命も、近年開発されたものでは20年以上安定した成績が期待されるようになっています。また手術機種や手技の開発改良により入院期間も短縮され、これまで困難とされた関節の手術も可能となってきました。

一方で手術のタイミングを逸したために期待される効果が得られない場合や、手遅れになり手術そのものが出来なくなってしまった例もみられます。確立された術式であれば、術後評価は満足すべきものであることはエビデンスの上からも明らかにされています。手術によりそれまで困難であった日常生活が著しく改善した例は少なくありません。

薬物療法などを駆使して快適な日常生活を過ごせるよう最大限の努力を払うべきことは言うまでもありませんが、万策尽きて関節障害のため日常生活に支障をきたした場合には、手遅れにならないうちに遠慮せず手術療法というオプションについても専門医と相談すべきです。

一般論として手術は早期から適用があります。そして遅くなるほど手術方法の選択肢は減り、手術の結果も完全な回復ではなくなるといえます。

関節リウマチの手術法は大きく分けて4種類あります。人工関節置換術・関節固定術・滑膜切除術・関節形成術がそれにあたります。関節ごとに主に施行される術式は異なっています。高度に破壊された関節の手術であれば人工関節置換術が行われています。正常な関節には無痛性(痛くないこと)・可動性(動くこと)・支持性(ぐらつかないこと)の3要素が要求されますが、人工関節はわずかな動きの制限を残すことはあるものの3要素全てを獲得出来る術式です。しかしながら稀に術後の感染や肺塞栓症などの重篤な合併症が出現することもあるため、その適応は専門医と十分相談して行うようにして下さい。

1)人工関節置換術:
術式として主に人工関節が選択されてきた関節は膝関節と股関節です。しかし、最近ではその他の関節でも良好な術後成績が報告されるようになってきました。術式に人工関節が選択されることのある関節は肩・肘・指・股・膝・足・足趾などです。

2)関節固定術:
関節を固定することで必要な3要素のうち可動性を犠牲にしますが、確実な除痛と支持性を得るために行われます。主に行われるのは頸椎・手関節・足関節・手指(特に母指)や足の母趾などです。

3)滑膜切除術:
関節の骨や軟骨はほとんど触らず、炎症性の腫れている滑膜を関節から取り除く術式です。初期から中程度の関節障害例に対して行われ肘・手首では長期の良好なエビデンスもあります。利点として3要素全てを獲得出来る術式であり、人工関節置換術に比べ術後の感染症が重篤な状態となることは少なく、経年的に増悪した場合でも多くは再手術が可能で、場合によっては人工関節など他の術式への変更も可能なことがあげられます。欠点としては再発の可能性があり、高度に破壊された関節には適応されないことがあげられます。ただし近年の生物学的製剤による治療は増殖した滑膜も著しく退縮させることが出来ることから、滑膜切除術の適応症例を減らすことが期待されています。
滑膜切除術は頸椎を除く全ての関節で可能ですが、主に行われる関節は肘・手関節・指・足関節などです


4)関節形成術:
初期から中期のまだ関節の形状が残っている状態の時、関節の一部を削ったりして形を整えて機能や整容を回復させる術式です。足趾・手首・肘・指などで行われます。3要素全てを獲得することが可能ですが全ての関節に適応出来るわけではありません。

【情報更新】平成25年7月

戻る