財団の基本活動

リウマチ性疾患の征圧をめざして

―日本リウマチ財団の活動―

代表理事 髙久 史麿

 日本リウマチ財団は、昭和62年「財団法人日本リウマチ財団」として発足以来、一貫してリウマチ性疾患の征圧を目指し、リウマチ性疾患に関する調査研究の実施、医師等リウマチ性疾患の医療に従事する専門職の養成に努め、国民の健康と福祉の増進を希求してまいりました。その間、税制上、特定公益増進法人としての認定を受け、リウマチ性疾患の征圧にご理解ある各層の個人、法人の皆様から、調査研究に必要な財政上の支援を受けてきたところであり、皆様に感謝申し上げます。

 平成22年末、新公益法人制度に基づく、公益財団法人への移行の認定を申請したところ、首尾よく認定を受け、平成23年4月から、財団の名称に公益の二文字が加わり、公益財団法人日本リウマチ財団として、新たな一歩を踏み出すことになりました。このことは、当財団の活動が、より公益性が高いものと評価された結果であると考えます。これを機に新公益法人法の精神に則り、より高い公益性を追求した事業を展開して参りたいと思います。

 従来から実施している必要な事業を継続実施し、対策の充実強化を図り、対策の質を高めることは勿論、ここ10年来、生物学的製剤の登場により、リウマチの診療が大きく進歩し、治療の目的、戦略が変化している医療現場の状況を踏まえ、時代性のある事業の実施が必要であると考えます。リウマチ性疾患の医療現場でチーム医療がより重要になったことを鑑み、「日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師」制度を発足いたしました。また、従前、看護師等コ・メディカルスタッフのみを対象にした研修会を、よりよいチーム医療の普及、質の向上を図るべく、「リウマチの治療とケア研修会」として開催し、医師を含めてチーム医療に携わるすべての皆さんが、リウマチ性疾患医療に関する知識、情報を共有できる機会といたしました。

 わが国では、平成2年度から当時の厚生省の厚生科学研究の一環として、リウマチ対策を広範にわたって実施しており、その成果は関節リウマチを中心に分子あるいは、遺伝子レベルでの病因・病態の解明に寄与し、それに基づく独自の創薬が産学連携のもとに展開され、国際的にもこの方面の研究の大きな牽引力となっていることは、広く知られております。

 リウマチ性疾患の征圧には、産・官・学、そして患者さん団体との密接な連携が重要であり、当財団はその役割について使命感を持ち、関係者のご理解・ご支援のもと我が国のリウマチ性疾患征圧に向けて活動を続けて参ります。

 

                          平成23年4月1日
公益財団法人 日本リウマチ財団
代表理事   髙 久 史 麿

 

 

 

財団の基本活動

 

リウマチ財団 事業の柱

   
1 調査研究、助成
2 正しい知識の普及啓発
3 教育研修
4 関連団体への協力援助
5 国際交流
6 その他必要な事業
 

 

 

【 予防と治療に関する調査・研究助成 】

 リウマチ性疾患征圧対策の根幹は調査研究の推進にあります。リウマチ性疾患の病因、治療、予防、疫学等に関する独創的課題の調査研究に対して助成を行うほか、リウマチ性疾患の本態解明に顕著な功績をあげた研究(者)を顕彰いたします。

 

【 正しい知識の普及と啓発 】
 毎年6月を「リウマチ月間」とし、リウマチ性疾
患に関する認識を深め、正しい知識を普及・啓発するため、講演会、シンポジウムを開催するほか、啓発ポスターの作成配布を行っています。
 インターネットを活用した「リウマチ情報センター」には、患者さんの療養生活を支援するため、リウマチ性疾患に関するQ&Aを情報提供しており、医療従事者、患者さんやそのご家族等、双方向性の情報交換を実施しております。

 

【  リウマチ医療の教育研修 】
 リウマチ患者さんがいつどこにいても最高の治療を受けることが出来るよう、リウマチ財団登録医、リウマチケア看護師、リウマチ財団登録薬剤師等、専門的な医療スタッフの養成を目指し、医師を対象とした「リウマチ教育研修会」、医師及び看護師等コ・メディカルスタッフを対象とした「リウマチ治療とケア研修会」を開催する他、eラーニングによる教育研修を行っています。また、保健医療、福祉、介護の各分野が一体となった対策を推進することにより、リウマチ患者さんの医療・療養環境を改善し、治療効果の向上に寄与するよう尽力します。

 

【  リウマチ関連団体へ支援・協力 】

 リウマチ関連団体は、日本リウマチ学会、日本整形外科学会、日本リウマチ友の会等たくさんあります。これら国内の関連団体はもとより、国際的な学会等への支援協力を行うことにより、国際的に調和のとれたリウマチ性疾患対策の推進に寄与します。


【  諸外国との国際交流  】

 リウマチ性疾患の征圧をめざした世界保健機関活動への参加、若手研究者の交換派遣研修、国際学会における研究発表者への助成等を通じて、諸外国のリウマチ関連団体との情報交換を行い、時代の先端を行くリウマチ性疾患対策の充実を目指します。また、発展途上国へのリウマチ対策事業も検討しています。

 

 

【  災害時リウマチ患者支援事業 】

 リウマチの患者さんは、常時治療を必要とすること、身体に障害があること及び生物学的製剤等新薬の出現により、患者さんが厳しい医療の管理下にあることから、災害時におけるリウマチ患者さんの適正な治療の継続を確保し、疾患の悪化防止を図る必要から、リウマチ財団登録医、災害時リウマチ患者支援事業支援協力医療機関の協力をえて、本事業を実施いたします。






 
 パンフレット