2
 01.症状について

Q.51

リウマチ性多発筋痛症と診断され、ステロイド剤を飲み始めました。症状も良くなり始めました。この病気は他人にうつる事は無いのでしょうか?

A.

 

うつるという報告はありませんのでご心配はいらないと思います。

(平成30年7月)

 

  ページトップへ戻る

Q.50

対象とする病気:「線維筋痛症」について、

1,線維筋痛症は「リウマチ性疾患のひとつ」という理解で合っていますか?

2,線維筋痛症は「膠原病のひとつ」ということでしょうか?

A.

1.線維筋痛症はリウマチ性疾患の一つに含まれます。リウマチ性疾患は、筋骨格系(関節、筋肉、腱など)に「痛み」と「こわばり」が主要な症状として自覚される疾患群をリウマチ性疾患と言われます。関節リウマチ以外に多数の病気が含まれます。線維筋痛症も身体の広範な部位(関節、筋肉痛、スジなど)に長期に痛みと「強いこわばり」がありますので、リウマチ性疾患に含まれます。

2.膠原病はリウマチ性疾患のうち、自己免疫反応(自己の身体の構成成分に対して、免疫反応が攻撃をかけること)によって、筋骨格系以外に皮膚、内部臓器などにも障害が起こる一連の病気の総称名です。線維筋痛症は症状は似ていますが自己免疫反応により起こる病気でははないことから、リウマチ性疾患のうちでも膠原病には含まれないのです。 

(平成30年6月)

 

  ページトップへ戻る

Q.49

2013年に関節リウマチを発症し,アクテムラによる治療開始,2017年に第12胸椎圧迫骨折し,極度の骨粗しょう症と診断され,テリボン→フォルテオによる治療を開始しました。現在はアクテムラ2週に1回,フォルテオ毎日自己注射
1)同年齢で同様な治療を行った例があるか あるいはある場合どの年齢層で多いでしょうか?
2)同時治療で何かしらの副作用の発現があるか,重篤な副作用の発現例があるのか?

A.
 

①フォルテオがステロイド性骨粗鬆症の治療ガイドラインの治療薬に推奨されているのでステロイドを使うことの多いリウマチ患者さんには少なからず併用されていると思いますが、実数に関しては公表されていないので不明です。
年齢層は、骨粗鬆症患者であるため高齢者に限られてくると思います。

 

②リウマチによる骨粗鬆症の多くはアクテムラなどの生物学的製剤を使われることも多く、骨粗鬆症に対してフォルテオを併用されることも多いかと思いますが、併用における実数も不明でありまた、現時点では副作用の報告はありません。今後の検討が待たれるところであります。      (平成30年6月)

 

 

  ページトップへ戻る

Q.48

関節リウマチと反応性関節炎は上位概念とその1つの種類という関係なのでしょうか。もしくは全く関係のない疾患なのでしょうか。もしくは似た症状の疾患なのでしょうか。

 

A.

上位・下位のということではなく反応性関節炎と関節リウマチは別の疾患です。反応性関節炎は関節外の臓器で起きた感染症に合併する急性非化膿性関節炎であり一般には消化器または尿路感染に続発する関節炎です。関節リウマチの原因として感染症も考えられていますが、未だ病因はわかっていません。反応性関節炎ではリウマトイド因子は陰性ですが約半数はHLA-B27が陽性となり、通常先行する下痢などの消化器症状や尿路感染症状の1-4週目に急速に関節炎が発症します。慢性の経過を辿る関節リウマチとは発症様式も異なります。 (平成26年11月)

 

 

  ページトップへ戻る

Q.47

9年前より、関節リウマチと診断されましたが、採血をしても一度も出ません。左手が少し痛いかなと、思うぐらいです。一週間くらい前から、左の背中が痛くて、病院に行きましたが、背中を見ただけで、「リウマチですね」と云われました。自宅にあった、痛み止めの薬を飲んだんですが(バフアリン)効きません。左手の付け根あたりが痛みます。

 

A.

9年前に関節リウマチと診断されているにしては左手関節に限局して経過していることは、幸いなことです。また、血液検査で一度も異常がないとのことで、リウマトイド因子(リウマチ反応)は陰性であったと推測します。リウマチ反応は関節リウマチの患者さん100%に陽性となるわけでなく、発病当初は半数ぐらいが陰性であり、関節リウマチが完成した時期でも7~8割でしか陽性でありません。しかし、最近ではリウマチ反応の検査が改良され、もっと陽性と出やすいとか、関節リウマチ以外では陽性となることが比較的少ない検査方法が開発されています。これまで関節リウマチとしてどのような治療を受けられたか不明ですが、早期の関節リウマチでは最近の積極的な薬物療法により症状や検査異常も消失するまで治療が可能なことがしばしばです。したがって、今回背部の痛み(肩関節でしょうか)で再発してきているようですが、バッファリンのような非ステロイド系抗炎症薬(抗炎症鎮痛薬)では不十分であり、関節リウマチの再発(再燃)として、抗リウマチ薬による治療が必要です。また、文面の9年前からの左手の痛みが関節リウマチか、あるいは今回の背部の痛みが関節リウマチでみられる関節の痛みかはっきりしません。これらを含めて専門的評価が必要です。リウマチ専門医に一度ご相談ください。 (平成26年9月)

 

  ページトップへ戻る

Q.46

10年くらい前に足首が腫れ関節リウマチの治療して寛解といわれました。でも2週間前くらいから左膝が腫れ炎症反応が高くなり抗生剤の点滴しても下がりません。痛みも微熱も有ります。寛解と言われても再発はあるのですか。

 

A.

関節リウマチで症状がほどんどない状態を寛解と呼び、寛解を達成してそれを維持していくことがリウマチ治療の目標とされています。しかし、なかには今までは効いていた薬の効果が弱くなったり、またリウマチ自体の炎症が再び強くなったりして寛解が維持できない場合もあります。現在の左膝関節の症状がリウマチのためなのかどうかは診察しないとわかりませんが、一般的にはリウマチが寛解していてもまた悪くなるというのはよくみられる経過です。 (平成26年9月)

 

  ページトップへ戻る

Q.45

関節 リウマチ歴8年。リマチル→アザルフィジン→メトレートと投薬治療を続け、現在CRPは正常値、手指の腫れや痛みはなく支障なく生活を送れています。但し左膝に腫れと痛みあり。MMP-3の数値は治療を始めた頃から高く、3年前からは800越え、ここ1年は1200~1600越えです。免疫内科の主治医からは先月「症状からみてRAが原因の高数値とは断言し難い」としながらも生物学的製剤を強く薦められました。膝以外は治療開始以前のような調子なので、高額な治療に踏みきる決意が出きずにいます。MMP-3の高数値は何を表しているのでしょう?

 

A.

実際に拝見して他の検査値などもみないと何とも言えませんが、一般的にはMMP-3の値が高いと関節、特に軟骨の破壊が進みやすいといわれています。リウマチの治療薬でCRPが低下してもMMP-3は下がり難いことがあります。ステロイドという薬を飲んでいるとMMP-3値が高くなります。また、膝などの大きな関節に症状があるとより値が高くなることも考えられます。生物学的製剤を開始するかどうかはMMP-3の値だけでなく。症状やその他の血液検査、レントゲンの所見などを参考にして決めるので、主治医の先生とよく相談されたらよいかと思います。(平成26年9月)

 

  ページトップへ戻る

Q.44

去年の10月から足の痛みでリウマチ科で経過観察中でした。3月に血液検査をした所、RF33、CPP18、Ig-G1909、r-G22,6、補体価51,7、赤沈1時間で40でした。CRP、
MMPは正常です。担当医(膠原科)は関節リウマチではないとのことで経過観察するといいます。そして4月に足の裏がとても痛くなり担当医に言った所、検査をしてくれないので整形外科に行き、セレコックス100を飲んでいます。また1か月後に来てくれと言われていますが薬を飲んでもあまり変わりません。左手も少しこわばっています。セレコックスだけであと1か月も放置してても大丈夫でしょうか?足の裏と指がかなり腫れた状態です。手はこわばりだけで生活に支障はないです。私は関節リウマチではないのでしょうか?

 

A.

拝見しないと何とも言えませんが、関節リウマチの診断は難しいことも多く、痛み止めで経過観察することもよくあります。足の裏は部位によっては関節リウマチと直接は関係がない可能性もありますが、関節の腫れや痛みなどの症状が強いようでしたら早めにもう一度受診されたほうがよいかと思います。ご不安であれば別の先生に診てもらうのも一案です。(平成26年8月)

 

  ページトップへ戻る

Q.43

関節 リウマチは手の指だけかと思っていたら、全身の病気だと知りました。そういえば、最近は手の指の関節だけでなく、足の付け根も少し痛い気がします。関節リウマチが進行すると歩けなくなったり、車椅子の生活になるのでしょうか?また、腰痛で朝起き上がりにくいのも、関節リウマチが原因の場合もあるのでしょうか?将来起き上がれなくなることもあるのでしょうか?先行きが不安です。リウマチ体操で、進行が防げたり、進行の程度を下げることができますか?

 

A.

関節リウマチは関節だけの病気ではなく、全身に症状をきたす疾患です。関節は手指だけではなく、手首、肘、膝、足首、足趾などの関節にも病変が及びます。1時間以上持続する朝方の手指のこわばりは関節リウマチに特徴的にみられます。大事な事は、リウマチ専門医による適切な早期からのメトトレキサートを中心とした抗リウマチ薬と生物学的製剤による治療です。内科的な治療をした上でのリウマチ体操などのリハビリテーションは有効です。心配な事があれば、主治医にご相談してください。(平成26年7月)

 

  ページトップへ戻る

 


Q.42

74歳38kg女性です。5か月ほど前リウマチ性多発筋痛症の診断を受けてその後関節リウマチの診断を受けました。2か月ほど前から午後3時頃になると動悸や頻尿、目の前がかすむ等の症状が起こるようになりました。血圧は朝130~75ぐらいだったのが155~85ぐらいになります。症状は3,4時間すると良くなることが多いです。この症状についてどういったことが考えられるでしょうか?膠原病と循環器系の薬等を服用しています。現在服用している薬は、ブレド二ゾロン11mg/日、メトトレキサート16㎎/週、胃薬、葉酸、睡眠導入剤、血圧の薬、狭心症の薬等です。

 

A.

おっしゃっている症状は通常の関節リウマチ自体の症状ではないので、内科の先生にご相談されたほうがよいと思います。また、プレドニゾロンを服用することにより血圧が高くなることがあります。その他の薬の影響もあるかもしれないので、それぞれの科の先生に今の症状をお話しして聞いてみたらいかがでしょうか。(平成26年4月)

 

  ページトップへ戻る

Q.41

乾癬性関節炎でリウマトレックスを飲んでいます。リウマトレックスを始めて10か月経ちますが,数か月前から痙攣が頻繁におきるようになりました。太ももや二の腕が多く,痙攣しない日はほとんどありません。薬の副作用なのでしょうか。それとも,ただの痙攣で気にするようなことではないのでしょうか。

 

A.

リウマトレックス(メトトレキサート)は関節リウマチ、その類似の関節疾患に基本的治療薬として使用されます。骨格筋の痙攣は、頻度は非常にまれですが、薬剤の重大な副作用としての報告例があります。したがって、現在処方を受けている担当医に相談して、薬剤(メトトレキサート)によるものか、他の原因によるかの検討が必要だと考えます。もしメトトレキサートが副作用のために使用できないとの結論になっても、乾癬性関節炎の治療薬は他にも有効なものがいくつかあります。(平成26年2月)

 

  ページトップへ戻る

Q.40

2013年11月頃より朝、手の指が痛くて動かず何回か動かしているうちに治りましたが、最近は時間にかかわらず手の指を動かすと痛く動きにくいのですが関節リウマチの初期症状でしょうか?

 

A.

何本の指のどの関節なのかが重要ですが、いずれにしてもこれだけのお話で関節リウマチの初期かどうかの判定はできません。専門医に相談していただくのがよいかと思います。(平成26年2月)

 

  ページトップへ戻る

Q.39

一度は関節リウマチと診断を受けましたが一般的な症状とあまりにも違っており本当に関節リウマチなのか未だによく分かりません。
・朝のこわばりがない~夕方にこわばりが来ます。
・炎症反応が皆無~何か所か整形外科でMRIも撮りました。血液検査にも出ません。
・両側性がない~右腕のみひどい。
・食欲が落ちません。
ですが、血液検査RA数値は44と微妙。リマチル服用で具合が悪くなり辞めるとRA数値が下がりました。リウマトレックスはかなり有効で痛みはなくなりましたが関節リウマチかどうかが不明のまま、服用することに非常に怖さも感じます。リウマチ科に行くと「リウマチ」ありきで診察されますので他の病気の可能性はないのか気になります。何科を受診すべきなのでしょうか?

 

A.

これだけのお話での診断はできませんが、確かに本当に関節リウマチかどうかを疑いたい気持も理解はできます。しかし関節リウマチが全ての関節リウマチの症状、検査、そして診断に当てはまるケースばかりではありません。ごく一部だけを満足しているだけだが、他の病気とは考えにくい例もしばしばあります。周辺の全然違う病気や、見逃していて手遅れになってしまう病気の心配、あるいはリウマトレックスなど飲んでいる薬の副作用も心配されておられるのでしょうが、このお話を聴いていてそれではどこに相談に行くべきかとなると考えてしまいますね。ご心配でしたら別のリウマチ専門医にご相談されることも意味はあるかもしれません。リウマチ専門医、特に内科系においては全員が内科認定医あるいは内科専門医を取っていて、膠原病など関連領域さらには広範な内科全体を理解している専門医がたくさんおり、彼らに診てもらうのが最善と考えます。 (平成26年1月)

 

  ページトップへ戻る

Q.38

関節リウマチとライター症候群のちがいは何ですか?またライター症候群は関節リウマチの内に入るのでしょうか?
A.
ライター症候群と関節リウマチは全く異なる疾患です。ライター症候群は最近では反応性関節炎と呼ばれます。反応性とは、何らかの病原微生物(例えば性感染症の一つであるクラミジア感染症)に対する免疫反応によって関節炎を引き起すため、このように名付けられました。両疾患ともリウマチ性疾患に分類されますので、ご心配であれば内科系のリウマチ専門医を受診されることをお勧めします。なお反応性関節炎については、ホームページの対象とする疾患の中にありますので、ご覧になってください。 (平成26年1月)
  ページトップへ戻る

Q.37

昨年8月からリウマトレックスを服用し11月からヒュミラを注射していますが、痛みは早々に無くなり寛解らしいので、そろそろ薬の離脱をするのかと思います。しかし昨年秋から腫れていた足の親指が今年になって腫れが引いて、1月に爪を切ってから伸びません。先月、皮膚科医からは爪が生えてきていないと診断されました。関節リウマチではよくあるのでしょうか?原因は薬ですか?爪は剥がれてもまた生えますか?

 

A.

関節リウマチで時に爪の変化がみられることがあります。爪の周囲が赤くなったり(紅班)、爪のあまかわの血管の拡張、黄色爪、手足指の変形による陥入爪、巻爪など、爪白癬(爪の水虫)、爪の下の化膿があります。また、今回のような爪の発育障害があり、これは爪の皮膚の血行障害によっておこります。これら爪の変化は時にみられる程度です。足の指の腫れがとれたとのことですので、爪が根っこからゆっくりと出てきます。 (平成25年10月)

 

  ページトップへ戻る
Q.36 生物学的製剤とリウマトレックスを併用することにより、痛みが全くないという状態を1年以上維持し、発症後5年程度経過している時点で関節の変形等が全く進行していない場合、今後もこのような実質的な寛解の状態を維持していけば(薬が使えなくなったり他の病気にかかるなどのアクシデントがないかぎり)、今後の10年・20年のスパンでも関節リウマチは基本的にほとんど進行しないだろう(QOLは現状維持のまま)、と理解していますが、そのような理解でよろしいでしょうか?
A.
関節リウマチによる症状(関節の腫れや痛み)がなく、血液検査でも炎症反応(CRPや血沈)が正常となっている状態が続いている限り、一般的には骨破壊は進まないと考えてよいと思います。ただし、一見関節の腫れが無いように見え、血液検査でも炎症反応が陰性であっても、最近発達した診断技術(関節の超音波検査はMRIという画像検査)によって病変が確認される場合があることが指摘されています。したがって、リウマトレックスも止めて完全に「治癒」という状態を目指したい、ということであれば、これらの画像検査も実施して完全にリウマチの病変がないことを確認した方がよいと思います。(平成25年7月)
  ページトップへ戻る
Q.35 .リウマチの疑いで最初にリマチルを処方され、6日間服用し、その後リウマトレックスを朝2錠、夕方1錠服用しました。飲んだ日の昼過ぎからのどの違和感があり、夕方からは水が飲めなくなり、声もかすれました。医者は、副作用ではないといいますが、怖くて飲めません。こういう副作用は考えられないのでしょうか。
A.
薬剤の副作用はしばしばみられるもの、珍しいもの、全く記録がないものなど、さまざまです。それぞれの薬剤によって、その副作用がどの程度起こるかについては発表されています。今回起こされたのどの違和感や声のかすれについての症状はリマチルにしても、リウマトレックスにしても、あまり見られる副作用ではないと思います。しかしそれがどれだけ小さくても可能性がないわけではないので、まずは副作用の可能性を考えて検討することは必要だと思います。一方でリウマトレックスの副作用が強調されることが多く、そのために過剰に反応される方が多いのも事実です。一度中止したうえで少量で始めてみるのも方法かと思います。(平成25年4月)
  ページトップへ戻る
Q.34 2ヶ月前、夫が風邪を引いたようだと言って帰ってきました。熱も38~40℃位あり病院に行って薬、坐薬も使いました。薬が切れるとまた熱が上がり、それが二週間続きその後は37.2~8℃が二週間続いて平熱に下がりました。その間検査をしましたが特に異常なく、最後にリウマチの検査をしたところRF、抗CCP抗体が高値だと言われました。夫は関節痛やこわばりなどの症状はみられなく、病院の先生もこのまま様子をみましょうと言って、専門医に紹介もしてくれませんでした。本当にこのまま何もしなくてもいいのでしょうか?
A. 確かに大変問題だと思います。不明の熱が治まったとはいえ2週間続き、RF,CCPが高値であることから、とにかく専門医に一度診断していただくことが大事だと思います。日本リウマチ財団、日本リウマチ学会のホームページなどで専門医を検索して早急にご相談ください。(平成24年12月)
  ページトップへ戻る
Q.33 父親が昨年十年間のリウマチとの戦いの末亡くなりました。今月に入って私にもリウマチの症状が現れました、父の症状は大変なもので手足の間接はひどく変形して最後の2年間は寝たきりとなりました。人によってリウマチの症状は差があるように思えますが、父からの遺伝だとすると私自身も父のような大変な状態になる可能性が高いのでしょうか。
A. リウマチ患者さんの子供では5%くらいがやはりリウマチになるという統計はあります。これは20人に一人くらいということです。またなっても全く同じ病気ということではありません。親子で顔が似ているからと言っても、全くそっくりにならないのと同じように、親と全く同じ病気になる方はまずいません。全くDNAを持っている一卵性双生児であっても、膠原病の発症率は60%くらいとされています。生まれてからのことなどいろいろなことで変わってくるということです。そして医療も進歩していますので、お父さんと同じ事になると考えないでよいと思います。(平成24年11月)
  ページトップへ戻る
Q.32 2年前に関節リウマチを発症しました。手指のみの症状で、血液検査はMMPが少し超えただけでした。リウマトレックス服用で症状が完全になくなり、減量しながら薬を中止したところ2か月後にまた、痛みが出たため薬を半分の量で再開し、再度症状は改善しました。現在検査結果は全て異常なしです。おそらくしばらく様子を見た後、薬は中止となると思います。しかしわずかながらこわばりや痛み、腫れが続きます。症状はとても軽く通院が面倒なくらいですが半年以上改善していないので少し不安でもあります。ごく軽い症状が続き悪化もしていない場合、寛解とされるのでしょうか?
A. お話しを聞く限りでは寛解であるかのように見受けられます。また実際に薬が中止できる可能性もあるかと思います。しかし寛解かどうかの判断は医師が圧痛があるのか、検査データに異常があるのか(CRP,血沈)などで調べることで決まります。さらに寛解を維持するためにはむやみに薬を変更してはいけません。痛みなどの臨床的な寛解だけでなく、さらに関節の構造的寛解、日常生活における機能的寛解までみて決定されるべきです。医師の指示に従って行動されるようにお願いします。。(平成24年8月)
  ページトップへ戻る
Q.31 1か月前に突然左薬指第2関節に紫色の血豆のようなものができ、色はすぐ消失したのですが、その直後にその指にレイノー現象が起こりました。2,3か月前にも右手指2本にレイノー現象が2回起きています。同時期に両人差し指に晴れと痛みがでました。平熱より0.5℃くらい上昇の微熱・疲れやすさ・時々全身に高熱時のような関節痛があります。整形外科を受診しましたが、CRP値・CCP・血沈・RF因子・X線すべて異常なしとのことで2.3か月後に再検査ということになりました。早期発見、治療開始が大切と聞きますので、今のままで大丈夫なのか心配です。また年齢的にも更年期障害の可能性もあるのでしょうか?
A. Raynaud(レイノー)現象はリウマチに限らず膠原病一般に見られるもので、この鑑別にはリウマチ専門医に診て頂くことが必要です。今回のことが更年期障害で起こるとは考えにくく、特にデータが異常がなくても定期的に検査をしていく必要があると思います。(平成24年8月)
  ページトップへ戻る
Q.30 両手指、手首、肘の関節痛とこわばり、浮腫み、腫れがここ数年特にひどく、手や腕を酷使する仕事でしたので使い過ぎと過信しておりました。先日ついに四肢の浮腫み、しびれ、痛みと微熱、眩暈が出てダウン。脳クリニックで関節リウマチの症状を指摘されリマチル錠とダイスパスSR37.5㎎と胃薬を処方。喉の渇きや身体の痒み等あります。この程度は副作用と言えますか?また再度専門医にかかった方がよいですか。
A. 今のリウマチ学の進歩はめざましく、早期診断早期治療がその後を決める上で大変重要になってきています。脳クリニックではなく、是非リウマチ専門医に診て頂いて治療方針を決めて頂くことが最優先と思います。(平成24年8月)
  ページトップへ戻る
Q.29 40代女性です。10代の頃の指関節の痛みから始まり、頸椎症、腱鞘炎、頸肩腕症候群、腰痛など絶えず体のどこかが痛む状態です。母がリウマチで体質が似ているということで湿布や鎮痛剤が処方されるだけでした。昨年尾骨骨折し、退職をよぎなくされました。その後両膝に激しい痛みがおき、多少よくなったきたものの1年経過した今も1日おき位のロキソニン服用で痛みをしのいでいます。総合病院の整形外科ではMRIで異常がないので気にしないようにとのことでした。心配なので個人病院で血液検査をしたところリウマチと判定されましたが3か月毎の血液検査で様子をみるだけのようです。いつからリウマチなのか初期なのかさえ判りません。母は薬の副作用のため治療できない状態です。もしかしたら副作用に敏感な体質も似ていると判断されたのかもしれません。求職中ですが、医師の「病気は意識せずに働いてよい」という言葉を信じてよいのかこれまでの経験で不安です。ほかに診ていただくとなると大学病院しかありませんが、紹介状を書いていただけそうにありません。経済的なことなどストレスフルなのでこのまま医師のおっしゃるとおり様子をみてストレスをためない方がよいのでしょうか?
A. 10代からの関節や脊椎の症状がみられていることから、若年性関節リウマチ(最近では若年性特発性関節炎と言います)が始まっており、成人期にまで持続しているように思われます。小児のリウマチが成人期まで持続することはしばしばあります。したがって、一度リウマチ専門医のもとで評価を受け、確実な診断と病気の程度、時期などを決めてもらって、その評価に見合った積極的なリウマチ治療が必要です。すべてのリウマチ薬に副作用がでることは例外的であり、使用可能で確実にリウマチをコントロールできる薬剤が、あるように思います。もしリウマチの診断が確実なら、様子を見る護りの治療から積極的な攻めの治療を行うことが、最近のリウマチ治療の原則です。これはリウマチによる関節破壊を確実に止めることが可能な薬剤が種々導入されてきたからです。また、紹介状や検査結果、レントゲン写真やMR画像などの医療情報がどうしても得られなければ、その事情をよく説明されれば紹介状がなくても受診できます。(平成24年4月)
  ページトップへ戻る
Q.28 60歳の母ですが、2年前より徐々に膝などの関節の痛みを訴えていました。1年前くらいから微熱が続き、体重も10キロ程落ち、現在はお茶碗を持ったり、服の着脱など、日常生活がままなりません。最近では、耳が遠くなってきたり、うつのような症状もあります。また体のあちこちに氷ですーっとされているような感覚があると言います。整形外科で2回検査をしましたが、リウマチは2回とも陰性でした。CRPは2回とも高く(1回目にレントゲンではリウマチの可能性が高いと言われました)、指もかなり変形してきました。股関節のリンパも腫れています。本人は、2回とも陰性だったので、もう病院に行きたがりません。
A. 関節リウマチかどうかお話からだけではわかりませんが、リウマチの2割程度の患者さんはリウマトイド因子が陰性ですので、陰性だからリウマチでないということではありません。いずれにせよCRPが高いということは、身体に炎症が起きているということですし、リンパ節も腫れているということであれば内科、あるいはリウマチ専門医の診察を受けられることをお勧めします。(平成24年2月)
  ページトップへ戻る
平成26年1月更新↓
Q.27 私は30歳代の女性で3年前から朝のこわばり両手指・第2関節・付け根・手首・肘・両膝・肩の関節の痛みで整形外科を受診。検査しましたが異常なし。歩きづらくなったため、再度受診。両膝に水がたまり、変形性膝関節症と診断されました。リハビリをしていましたが、以前と比べ膝以外の関節の痛みがひどく、車のハンドルが握りにくくなり、両膝が動きにくい時は、ペンギンのようになってしまいます。今は大きい病院で経過観察中、痛みが長いので、トラムセットを服用して強い痛みは治まっています。MMP3が80と少し高く、RFは15出ているだけです。症状がどんどんひどくなります。リウマチかどうか非常に不安です。
A. 年齢から変形性関節症はほぼ否定的です。30歳代の女性は関節リウマチがもっとも発症しやすい世代ですし、手指の小関節や手関節(手首)などが多数痛むという症状から関節リウマチの可能性が高いと思われます。リウマトイド因子(RF)は陰性でも他の方法(RAHA/RAPA法)や抗CCP抗体などが陽性の場合もあります。これらが陽性ならほぼ関節リウマチと言えます。また、MMPが高いことは関節リウマチに特異的(関節リウマチであることを示すもの)ではありませんが、関節リウマチの可能性を疑わせます。RFや抗CCP抗体が陰性でも、このような関節症状があって、赤沈やCRPといった炎症反応が高いようならかなり高い確率で関節リウマチと考えられます。(平成24年2月)
  ページトップへ戻る
Q.26 昨年3月にリウマチ性多発筋痛症と診断され、今年の4月までプレドニゾロン(プレドニン®)を服用していました。炎症がなくなったということで薬はやめましたが、また最近両肩両腕太ももが痛くなり、特に朝起きるときが一番痛いです。再発するのでしょうか。痛くても我慢して軽い運動をしていますが大丈夫でしょうか。
A. リウマチ性多発筋痛症の再燃が考えられますが、CRPなどの炎症反応を検査する必要があります。プレドニゾロン中止後に病気が再発することは珍しくはありません。プレドニゾロンなどの副腎皮質ステロイドの再投与が必要です。またリウマチ性多発筋痛症以外の病気も検討すべきです。主治医の先生に相談してください。(平成23年11月)
  ページトップへ戻る
Q.25 1月に左薬指の腫れで整形外科を受診して変形性関節炎の治療を受けていましたが、夜に痛みで目覚めるほど、肘の痛みが続いたため、リウマチ・神経内科を受診したところ、4月にわかりにくいタイプのリウマチの診断を受けました。アザルフィジンEN錠500mgを1日1錠を14日飲んだ後、朝夕1錠ずつ処方され、指の腫れは変わりませんが、肘の痛みはかなり良くなっています。7月からアザルフィジンを飲みながら、リウマトレックスカプセル2㎎(木曜に朝夕1錠・金曜に朝1錠)6mg/週・フォリアミン錠5mg(日曜に1錠)を服用しています。最近、足の指に痛みがあります。23年前にバセドウ病の手術をして16年前からチラージンS®錠(50) 1日2錠服用しています。
A. このままの治療でよいか、というご質問でしょうか? リウマトレックス®(一般名:メトトレキサート)の効果は量が多いほどみとめられる可能性が高くなるので、効果が不十分で特に副作用がみられなければ、増量を試みることが多いです。最高量は今までは週に4カプセル(8mg)まででしたが、最近は、週8カプセル(16mg)までの増量が保険でみとめられるようになっています。(平成23年10月)
  ページトップへ戻る
Q.24 発症から半年、治療に入って4ヶ月になります。現在服用しているのは、朝食後プレドニン®5㎎、タケプロン®週に1回メトトレキサート2㎎を朝2錠、夕1錠、翌朝1錠。そして、毎食後ケンタン60㎎。お尋ねしたいのは、痛み止めの薬のケンタンの飲み方について。昼食後の分は、飲まなくてもなんとか我慢できそうに感じるのですが、やはり一日3回飲んだ方が良いのでしょうか。痛みは我慢した方が良いのか、我慢すると骨によくないのか、教えてください。
A. ケンタンはロキソニンの後発医薬品で、いわゆる非ステロイド抗炎症薬に属する薬物です。これらの薬物は、関節リウマチの骨破壊を抑制する作用はなく、症状緩和効果のみですので、「痛み」がなければ無理に服用する必要はありません。関節炎(関節の腫れや痛み)がまだ残っていて、検査で炎症反応(赤沈やCRPの高値)があるなら、痛みを我慢したり、非ステロイド抗炎症薬で痛みをとるだけの治療をするのでは骨破壊・関節変形が進行することになりますので、抗リウマチ薬を変更したり増量したりするのがよいと思います。具体的には、今服用されているメトトレキサートの増量や、生物学的製剤を追加投与する、などの方法が有効です。(平成23年9月)
  ページトップへ戻る
Q.23 9歳の娘がヘノッホ・シェーンライン紫斑病にかかったのですが、長野県安曇野市の児童数670人の学校で、知っているだけでも3人同じ病気にかかりました。共通点は、みんな我が家から1キロ圏内に住んでいること、運動会のリレー選手だったということです。何か原因が考えられるでしょうか?
A. ヘノッホ・シェーンライン紫斑病の原因は不明ですが、ある種の感染症との関連が考えられています。ご質問の学童が同時期に発症したのであれば、何らかの感染症が引き金になった可能性があるかもしれません。また最近、我が国でインフルエンザワクチン接種後にヘノッホ・シェーンライン紫斑病が発症した症例が報告されています。(平成23年4月)
  ページトップへ戻る
Q.22 リウマチは昭和60年発症。平成5年頚椎固定手術(第一第二)。平成10年SLEと診断。平成22年9月からレミケード点滴をし、2週間後2回目をしました。10月に左まゆに発疹(帯状疱疹)が出て直ぐ治療に入りましたが、前頭部、おでこ、目、こめかみに激痛がきて11月より神経ブロックを麻酔科でしています。痛みは8回目で消えましたが、三叉神経に麻痺があり。帯状疱疹後神経痛ということでレーザー治療をしています。レミケード点滴は中止しました。レミケードの副作用なのでしょうか?前例はあるのでしょうか?レミケードの効果はCRP0.06までになりました。今は手首、指先に痛みが戻ってしまい1.18になっています。私としてはレミケード治療を続けたいのですが、帯状疱疹も悪化したらと不安もあります。
A. 帯状疱疹は、水痘(水ぼうそう)と同じウイルスによって起こります。このウイルスは水痘が治っても神経節の中に潜んでおり、その後身体の抵抗力が落ちたときに再び活動を始め、帯状疱疹が発病します。疲労やストレス、加齢だけでも発症することがありますが、免疫に影響する薬剤も帯状疱疹が発症しやすくなる要因となります。関節リウマチやSLEの患者さんは、副腎皮質ステロイドをはじめとする治療薬の影響により帯状疱疹になりやすい傾向にあります。レミケードに関しては、海外の報告で従来の抗リウマチ薬に比べて、レミケードやヒュミラなど抗TNF抗体製剤は、帯状疱疹の発病率を約1.8倍に上昇させると推測されています。また、国内の市販後調査では、レミケードを受けた5,000名の患者さんのうち、64名(1.3%)で帯状疱疹がみられています。これまでの報告をみると、エンブレル(TNF受容体製剤)使用時の帯状疱疹の発病は、抗TNF抗体製剤に比べて少ない傾向にありますが、再発を少なくするためにどの治療法がよいのかは残念ながら明らかになっていません。実際には、帯状疱疹が治った後にレミケードを再開することはよく行われていますが、患者さんの免疫の状態や帯状疱疹の重症度などを考慮して、ケースバイケースで治療方針を決めているのが現状です。万が一、帯状疱疹が再発してしまった場合には、早期に診断し、早期に抗ウイルス薬による治療を開始することが重症化を防ぐための重要なポイントになります。(平成23年3月)
  ページトップへ戻る
Q.21 私は小2の頃に川崎病を患い、後遺症として冠動脈瘤があり、30年近く経った今も経過観察をしています。リウマチに関しては、原因不明の関節炎が頻発し整形外科のリウマチ医にかかっていますが、症状から早期関節リウマチが疑わしいとは言われるものの、確定診断には至っていません。先日、川崎病の方でCT検査をした結果、冠動脈瘤が非常に肥大していることが分かりました。リウマチの様な症状が出たことで冠動脈瘤が肥大する関係性はあるのでしょうか?また逆に川崎病を患ったことでリウマチの様な症状が出るようになったのでしょうか?リウマチ症状が頻発したのはここ1年くらいのことで、今まで冠動脈瘤の異常を聞いていないだけに、関係性があるのか気になります。
A.
ご質問の川崎病と関節リウマチとは直接の関連はありません。川崎病の急性期に関節炎を伴うことはありますが、現在の関節症状は経過からは早期関節リウマチの可能性が高いと考えます。リウマチ様症状は近医の整形外科で、また冠動脈瘤に関しては、循環器科で経過観察してもらってください。いずれにせよ担当医の先生に良く相談してください。(平成23年3月)
  ページトップへ戻る
Q.20 両膝の激痛があり、内科にて血液検査をしたところ尿酸値が9.6mg/dl、炎症症状もみられ、またお酒を毎日飲むため痛風の可能性が高いとのことでした。しかし腰や鼠径部辺りの痛みも膝と同じサイクルで出るため診断に疑問を持っています。尿酸値を下げる薬で治療中ですが、前立腺癌や性感染症の可能性はありますか?
A.
性感染症の有無にかかわらず、尿酸値が9.6mg/dlというのは十分に異常な数値で、関節の腫脹があればそれだけで治療すべき状態にあるといえます。痛風による膝の痛みなのかもしれませんし、また同時に性感染症が一緒にある可能性も否定はできません。早く専門医にかかられることをお勧めします。(平成22年11月)
  ページトップへ戻る
Q.19 人間ドッグで10年来RFが80~233と高く(CRPは、0~0.45)、関節リウマチを疑われましたが、症状としては朝の手指のこわばりと多少の痛み程度で放置してきました。この4月、重度肢体不自由児の学校に転勤して以来、両膝と腕の関節痛が酷くなり、整形を受診したところ変形性膝関節症と診断され、キシロカイン、オルガドロンの関節腔内注射を受けています。合わせて関節リウマチの治療も勧められました。膝痛と関節リウマチは関連があるのでしょうか?また、仕事は変えた方がよいでしょうか?現在15~20㌔くらいの子供の介護が主な仕事です。
A.
関節リウマチとの関連かどうかの判断はこれだけでは難しいと思います。膝関節に起こる関節リウマチはもちろんあります。しかし実際に専門家の先生に関節リウマチがあるための膝痛なのか、それともすべてを変形性関節症で説明できるのかを診断して頂く必要があります。その上で関節リウマチの治療をするかどうかを判断すべきでしょう。関節リウマチの治療は長期にわたるものですし、ちょっとしてみようというものではありません。計画的な治療指針をたてなければいけないので、その前にきちんとした診断が必要です。同じ膝痛でもエコーや内部の関節液を調べるとこれらの病気を区別することができます。重いものなどを運ぶ作業は何の病気にとっても好ましいことではなく、避けられるのであればその方がよろしいかと思います。(平成22年10月)
  ページトップへ戻る
Q.18 母親が関節リウマチを患ってます。診断されたのは32歳頃だと思います。私も兄弟も家族もリウマチ患者ではありません。隔世遺伝で自分の子供(母親からみて孫)に遺伝する可能性はあるのでしょうか?
A.
関節リウマチは必ず遺伝する病気ではありません。一卵性双生児は遺伝子が全く同じですが、片方が仮に関節リウマチになったときに、もう一方が関節リウマチになる確率は約30%と報告されています。また関節リウマチの患者さんでご親族内に関節リウマチの方がいるのは1%程度です。以上から仮に遺伝が関係しているとしても、強いものではありません。隔世遺伝で発病することを全く否定することはできませんが、ご心配になるような高い確率ではないと思われます。
  ページトップへ戻る
Q.17 関節リウマチの治療を10年近く続けていますが今年に入り、眼が見えにくくなってきました。リウマチの進行や治療が、影響する場合があるのでしょうか?
A.
関節リウマチがうまくコントロールされていても、治療薬の副作用が原因で視力の障害をきたすことがあります。最も多くみられるのは副腎皮質ステロイドを長期使用していることによる白内障と緑内障です。ゆっくり進むとするとその多くは白内障で、これは比較的簡単な手術によって治すことができます。まれですが、免疫を抑制する薬物で眼の感染症(眼内炎など)をおこすと視力が障害されることもあります。また関節リウマチ自身で関節のみではなく、からだの色々な場所に炎症をおこし、障害をきたすことがあります。眼では上強膜炎、強膜炎やブドウ膜炎が知られています。特に強膜炎や後部ブドウ膜炎(網膜脈絡膜炎)は視力障害をきたしやすい病変です。これらも稀なことですが、リウマチの治療が不十分で、このような部位の炎症が続くと視力障害をきたすことがあります。いずれにせよ、症状があるのでしたら眼科で精査されるのが良いと思います。その際、直接眼科を受診するより、関節リウマチの主治医から、関節リウマチに対する治療内容やリウマチの状態を記載した紹介状があれば、より適切な診断が得られると思いますので、できるだけそのようになさることをおすすめします。
  ページトップへ戻る
Q.16 若年性特発性関節炎(若年性関節リウマチ)によって寿命が縮むということはありますか?
A.
若年性特発性関節炎(若年性関節リウマチ)には関節炎に加え、38℃以上の高熱やリンパ節の腫れ、肝臓や脾臓の腫れなどが出現する全身発症型と大人の関節リウマチによく似た多関節発症型、関節炎が発症6ヶ月以内に4つの関節に留まる少関節発症型に分けられます。このうち全身発症型では心臓や肺を包む心膜や胸膜に炎症が起こったり、心筋の炎症も出現することがあり、このような場合には副腎皮質ステロイドを投与しないと生命を脅かす危険な状態に陥ります。また、いずれの型でも経過中、感染症などの重症な合併症を発症したり、薬の副作用で生命に関わる問題が起こることがあります。また、関節リウマチの患者さんでは心筋梗塞などの発症率が普通の人より高くなることが知られていますが、同じような問題は若年性特発性関節炎の患者さんでも認められると思われます。いずれにせよ場合により内臓に病気を起こすことがありますので何も治療をしないでいれば寿命は縮まるとも考えられますので、リウマチ専門医による適切な治療を行うことが大切です。
  ページトップへ戻る
Q.15 平成12年度頃から関節リウマチ(軽度)と診察されました。その後薬物治療しているのですが、平成17年度5月に肺炎をおこし、自宅で療養したのですが、それ以降咳と鼻水が止まらなく現在に至っています。関節リウマチと咳と鼻水との因果関係はあるのでしょうか?
A.
関節リウマチと咳の関係についてはいろいろなことが考えられます。咳は通常肺や気管支、のどなどの炎症(肺炎/気管支炎)によって起こります。リウマチに合併する肺炎は大きく分けて3種類あります。ひとつは関節リウマチの炎症が肺に及んだもので間質性肺炎または細気管支炎という形をとります。2番目はリウマチに使用する薬剤のために免疫力が低下し、細菌やウイルス、真菌(かび)などの病原体による肺炎です。3番目は関節リウマチに使用する薬物が直接肺を傷害する「薬剤性肺炎」があります。いずれも症状は発熱と咳は共通の症状です。痰は細菌や真菌(かび)によるものでよくみられ、その他ではあまりみられません。しかし鼻水が出て咳が出るとなると、それは鼻水が喉まで落ちて、その刺激で咳がでるということで、これは関節リウマチとは関係なくしばしば認められることです。一般的には、アレルギー(原因は薬物、食物、植物、動物など様々なものがあります)またはウイルスによる鼻炎が多いと思います。これらすべての可能性の中で、ご相談のケースからは、関節リウマチとは関係のない副鼻腔炎や鼻炎が一番疑われるように思いますが、上記の可能性も考えてリウマチ専門医による総合的な判断をもう一度お願いしてみてはいかがでしょうか。
  ページトップへ戻る
Q.14 関節リウマチの痛みに年齢の違いは関係ありますか?一般的に高齢者の方が痛みを感じにくいのでしょうか?
A. 年齢と痛みの強さとは特に関連はありません。むしろ高齢者に発症する関節リウマチで活動性が非常に高く、炎症の度合いや痛みや腫れといった症状が強い場合もあります。また同じ炎症度でも痛みの訴え方は患者さんにより異なります。あるとすれば、高齢者の方のほうが我慢強いのかもしれません。
  ページトップへ戻る
Q.13 関節リウマチの人は糖尿病になりやすいため、糖尿病の予防薬を服用すると聞きましたが、本当でしょうか?
A. 関節リウマチという病気と糖尿病との直接の関連はありません。つまり、「関節リウマチをもっているから糖尿病になりやすい」ということはありません。しかし、関節リウマチに使用する薬物(例えば副腎皮質ステロイド、抗リウマチ薬として最近承認されたタクロリムスなど)によって糖尿病が発症する事はしばしばあります。またリウマチの患者さんは運動能力が損なわれますので、健康な時と同じような食事をしていると、運動不足から糖尿病を発症する可能性はあります。ただし、一般に糖尿病の管理は、発症後でも食事と運動のコントロールで行うべきであり、まして発症する前から薬物によって予防する、という考え方は常識的ではありません。
  ページトップへ戻る
Q.12 X線写真から肺線維症が疑われました。KL6値は250です。間質性肺炎になる可能性は高いでしょうか。疲れると息苦しく、休んでは仕事をする状態です。今後どのように生活すればよいのでしょうか。
A. 間質性肺炎と肺線維症はほぼ同義語であり、間質性肺炎が長く続いた結果、肺に残された病変が肺線維症と考えてよいでしょう。したがって最初のご質問については、X線所見で肺線維症があるということはすでに間質性肺炎があった(ある)ということになります。ただし、KL-6が250というのは正常値(通常500以下が正常とされている)ですので、それから推察すると間質性肺炎が本当にあるのか疑問ですし、あっても軽度なものと思われます。だとすると、現在の症状(息苦しいなど)は肺とは関係ないものかもしれません(心臓疾患や貧血など)。
  関節リウマチに合併する間質性肺炎には種々のタイプのものがあり、進行が極めて早いものから何十年もかかってゆっくり進行するものまであります。治療に対する反応性(効果の出方)も様々です。今年初めてX線で肺線維症(間質性肺炎)が疑われたとのことですが、X線所見とともに息苦しいという症状が最近出てきてどんどん悪化しているようなら、たとえKL-6が正常でも早期に副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬でしっかり治療する必要があるかもしれません。
  まず息苦しい原因が本当に間質性肺炎(肺線維症)によるものかどうかをはっきりさせる事、次に間質性肺炎だとしたらどんなタイプのものかを専門医に判断してもらい治療をするべきかどうかを決めてもらうことが重要です。
  生活の注意については、息切れの原因にもよりますが、基本は安静(喫煙者は禁煙も)ですので、お仕事の内容を考え継続できるかどうか主治医とよくご相談ください。
  ページトップへ戻る
Q.11 若年性特発性関節炎全身型(高熱)を3歳で発症しステロイドで治まりその後しばらく、様子をみていましたが、数年後に高熱で入院するなどし、ステロイドパルス療法などを行っていました。 この数週間で(プレドニン15mg飲んでいて)足首が少し腫れたり、手首、首に痛みが出たり引っ込んだりという事で受診したところ、データ上も異常で多関節型に移行したようです。とりあえず30mgに増やして様子をみることになりました。統計上こういうタイプが一番やっかいで関節症状も残りやすいと聞きました。そういうタイプについての情報が欲しいです。
A. 若年性特発性関節炎(若年性関節リウマチ)の多関節型では、成人の関節リウマチの治療と同じように、メトトレキサートなどの抗リウマチ薬が治療に用いられます。通常の抗リウマチ薬の効果が充分でないときには、抗TNFα薬と呼ばれる炎症に関連にした物質を強力に抑制するお薬が有効であることも報告されています。"多関節型に移行したよう"とのお話しですが、お嬢さんは30mgという多関節型の治療としては比較的多めの副腎皮質ステロイドを内服されています。発熱などの全身症状や内臓の病変があったり、さらにここにあげた抗リウマチ薬などが副作用の問題で使えない可能性などもあります。主治医の先生によくお話しを伺って、現在の病状に対する適切な理解をした上で、今後の治療方針についてよくご相談されると良いと思います。
  ページトップへ戻る
Q.10 全身、蚊に刺されたような発疹が出来続けています。その発疹は痛みを伴う事もあり、腫れあがったりもします。1~2週間で赤みは消えますが、後が消えにくく、薄い紫色になり、残ってしまいます。この発疹は、薬の副作用でしょうか?それとも、関節リウマチの症状なのでしょうか?現在は胃薬やプレドニゾロンとリマチルを服用中です。
A. 関節リウマチで出る発疹とは異なるようです。実際診てみないとわかりません。悪性関節リウマチや、関節リウマチの親戚の病気である膠原病、また血液の病気でそのような発疹がでることがあります。またご指摘のように薬物で起こることも十分考えられます。こうしたことについては専門医の先生に診て頂くことをお薦めします。
  ページトップへ戻る
Q.9 薬の服用は全くなく、関節の炎症等も発病前の状態にまで戻りました。それでも、完治ではなく緩解になるのですか?
A. 関節リウマチの「治癒」を断定することは実際にはできません。たとえば薬を止めて1年間、関節の腫れ、痛みが全くなく、CRPや赤沈などの炎症反応も正常を維持できていて、いわゆる「緩解」状態であっても「再発」が起こる事もあります。ただし、発症してから早期(1~2年以内)に緩解状態になった場合は、いわゆる「単周期型のリウマチ」ということで「治癒」となる場合が少なからずあるようです。私は個人的に、すべての薬を止めて2年以上「緩解」が続けば「治癒」と考え、「通院は結構です」と言いますが、それでも「再発」は絶対ないとはいえませんので、もし症状がでたら来院するように言っております。
  ページトップへ戻る
Q.8 関節リウマチの影響で低ナトリウム血症はおこりますか?
また、ナトリウムを食事に添加したりしてもナトリウム値が改善されません。
A. ナトリウムは種々の原因で低下しますが、関節リウマチと低ナトリウム血症とは直接関係はありません。しかし、関節リウマチの患者さんの一部でシェーグレン症候群という膠原病の合併がある場合、頻度は高くはありませんが腎臓の尿細管という部分が障害されてナトリウムが腎臓から失われることがあります。この場合は副腎皮質ステロイドなどで尿細管に起こっている炎症をとることが治療につながります。また、関節リウマチの患者さんがしばしば使用する非ステロイド抗炎症薬(いわゆる解熱鎮痛薬)の使いすぎで腎障害がおこることがあり、同様にナトリウムが腎臓から失われ低ナトリウム血症になります。この場合は原因薬を止めることが先決です。まれですが、腫瘍や、感染症などが引き金になって抗利尿ホルモンというホルモンが過剰に産生され、からだに過剰な水分がたまって血液が薄められる結果低ナトリウム血症になります。この場合、原因がある場合はその治療をしますが、とりあえずは水制限が基本であり、急激なナトリウムの摂取は逆にむくみなどの症状を悪化させたり、中枢神経障害をきたしたりします。したがって低ナトリウムの改善のためには、その原因を調べる必要があります。ナトリウムが低いからどんどんとればいいという発想は間違いであり、時に逆効果で危険です。
  ページトップへ戻る
Q.7 怪我が原因で関節リウマチを発症するようなことはありますか。 また、膝関節など大きな関節は、手首や指などの小さな関節より発症が遅いと言われますが、同時に発症するようなことはあるのですか。
A. 関節リウマチの発症に怪我(外傷)が誘因になることは一般的には認められていません。ただ実際には因果関係ははっきりしないのですが、怪我がきっかけで関節リウマチが悪くなったり、関節リウマチではなくても別の関節が痛くなったりする例を経験することはあります。また関節炎の部位に関するご質問ですが、確かに手首や指などの小さな関節に炎症が起こりやすいのですが、膝関節などの大きな関節に発症することも稀ではなく、また同じ頃に発症することもあります。関節リウマチは動かせる関節(可動関節)にある滑膜の炎症から始まるので、どの関節でも発症する可能性があります。
  ページトップへ戻る
Q.6 皮膚科で処方された手荒れの薬(ステロイド系)を塗っていたら、手の痺れから関節が痛み出し、関節リウマチのような症状が出てきました。リウマチにかかる要因として、このようなケースはあるのでしょうか?
A. ご質問の手荒れの(手湿疹でしょうか?)に対して使用された副腎皮質ステロイド軟膏が、関節リウマチの誘因になることはありません。但し、皮膚症状が単なる湿疹ではなく、掌蹠膿疱症(手のひらや足にプツプツした小さい膿の入った湿疹ができる)や乾癬(境界がはっきりした赤い皮疹)の場合、リウマチ症状が起ります。いずれにしてもリウマチ専門医を受診されることをお勧めします。
  ページトップへ戻る
Q.5 関節リウマチの症状に発作はあるのですか?あるのならどの様な症状でどう対策するのか教えてください。
A. 関節リウマチでは痛みや腫れの症状が良くなったり悪くなったりします。この痛いときのことを発作と呼んでいる方があるかもしれませんが、いわゆる”発作”というようなかたちで症状が突然悪くなったりするようなことはありませんし、医学的には発作という表現はしません。
  ページトップへ戻る
Q.4 リウマチに種類というものはありますか?また、「不治の病」なのでしょうか?
以前、がんの摘発手術を受けたことがあるのですが、がんとの関係で、一概には言えないかとは思うのですが、何か気をつけることはありますか?
A. リウマチと言う名の病名はありません。しかし、骨、関節、筋肉などの体の運動に関連した部位に障害をもたらす病気をまとめてリウマチ性疾患と呼んでいます。これには沢山の種類がありますが、その代表的なものが関節リウマチです。一般の方はしばしばこの両者を混同してリウマチと呼んでいる傾向があります。お尋ねの”リウマチ”はおそらく”関節リウマチ”のことであろうと思われます。関節リウマチを発症した人の約30%は病気が治ると言われていますが、残りの70%の人はこの病気に対する治療が生涯必要になります。しかし、現在では大変効果的な薬も開発され、寛解といって病気を押さえ込んだ状態に持ち込むことが高い確率で成し遂げられるようになり、不治の病ではなくなったといえます。病気の発症と癌との因果関係は無いと考えて良いと思います。一般的に言われている心身ともに健康的な生活を営むことで良いと思います。
  ページトップへ戻る
Q.3 リウマチ患者の末期について教えて欲しい。
リウマチ患者が、骨折により入院し、退院も決まっていたところ、ある日様態が急変し、内臓疾患から死を宣告される事はありますか?また、各部位が数日間で壊疽の心配をしなくては成らない事はありますか?
A. 今は治療法の進歩により、専門医の適切な治療を受けていれば、関節リウマチによって末期の状態になることはないと思います。しかし様々な合併症によって予期しない突然の変化が起こることは残念ながらどのような病気でも考えなければなりません。
  ページトップへ戻る
Q.2 アメリカにて関節リウマチを発症し、治療中ですが顕著な改善はみられません。アメリカにて発症したので、日本に戻れば症状の改善などは考えられますか?
A. 気管支喘息など原因がはっきりしているアレルギーでは、海外移住など環境の変化によって病状が大きく変化することが知られていますが、関節リウマチではこうした話は一般に知られていません。しかし環境の変化というより、ストレスなど精神的な影響が関係することはあるかと思われます。
  関節リウマチの発症には遺伝的素因に加え、いくつかの外的環境因子が関与していると考えられています。ストレスは発症や増悪に結びつく環境因子の一つといえるでしょう。この考え方から現在の渡米生活がストレスの要因となっているとすると、生活環境が変わることで改善する可能性はあります。ただ一度病気が発症したものについては、「医師の指示に従い薬物治療を早期にしっかり行なうことが最も重要なこと」、ということは日米どちらにいても同じだと思います。
  ページトップへ戻る

Q.1 風邪を引いた後、関節に違和感を感じる。また急に寒くなる時は、足や背中全体がつっぱったような感覚になるのですが、関節リウマチの症状ですか?
A. 関節リウマチが風邪などで悪くなることもありますが、それとは関係なく風邪の後に関節が痛くなったりすることは一般にもみられることです。但し長く続くのであれば診察を受けた方がよいでしょう。感染性関節炎という、細菌が体内に入ってきたために、体が反応して関節が腫れたりする病気もみられますし、ご指摘の症状だけで関節リウマチという判断は全くできません。
  ページトップへ戻る