平成30年度リウマチ月間リウマチ講演会

 

これまで日本リウマチ財団では普及啓発事業の一貫として 6月をリウマチ月間とし、毎年、一般の方々と医療従事者を共に対象とした リウマチ講演会を執り行い、リウマチ性疾患の正しい知識の普及に努めてまいりましたが、 平成30年度より、これに加えて医療従事者を対象とした教育研修講演を同時に開催します。

 

修了しました

クリック

平成30年6月3日(日)  10:00〜16:35
     

砂防会館別館(シェーンバッハ砂防)

  東京都千代田区平河町2丁目7−4

   
 

講演会は砂防会館別館の淀信濃と木曽の2つの会場で開催します。

両会場とも10時より医療従事者対象の講演を開始し、淀信濃では14時より一般の方々・患者さん(申込不要・無料)もご参加できる公開講座を開催します。

木曽は終日医療従事者対象の講演です。

※医療従事者対象の講演には一般の方々・患者さんはご参加できません。

 


   
  財団単位 リウマチ財団登録医

8単位

 
リウマチケア看護師  8単位
リウマチ財団登録薬剤師 8単位
リウマチ財団登録理学・作業療法士(仮称)  8単位
 (経過措置期間 研修会参加実績)
※他学会単位取得予定  

 

申込方法・プログラム等クリック↑

 

申し込み不要・参加費無料


会場    第一会場(淀信濃)

 

 

開場時間  13時30分

開演     14時

 

 
14:00〜 

式典 

 
 

講演

日本リウマチ財団学術助成受賞者講演」

山本 一彦 理化学研究所生命医科学研究センター   副センター長
 日本リウマチ財団学術助成受賞者


15:00〜15:10 休憩   
                     
15:10〜16:00

リウマチ医療と診療報酬をめぐる話題

狩野 庄吾

自治医科大学名誉教授

麦谷 眞里

東京医科大学医学総合研究所教授

 


  16:30〜16:30

患者会の実態と医療者への要望

高林 克日己 

三和病院顧問

長谷川 三枝子

日本リウマチ友の会会長

閉会の辞   
 


 

             

 

 

 

 


 

戻る